本文へスキップ

運動すると活性酸素は増えるのか?

抗酸化物質を増やし、不飽和脂肪酸を減らすことが活性酸素除去のポイント!

活性酸素を抑える役割をしてくれるのが抗酸化物質です。
老化の原因が活性酸素なので、アンチエイジングのためには抗酸化物質を自分の体内に増やす努力をすればいいのです。
不飽和脂肪酸を必要以上に摂取しないこと

活性酸素除去に効く食事は「バランス食」

食事を通して抗酸化物質を作り出さないといけません。
どんな食べ物が抗酸化物質を増やして、活性酸素を除去してくれるのか?

一言で言うと、バランスの取れた食事です。
ではバランスが取れた食事とは具体的に何でしょうか?

  • 1日の食事で30品目以上の食品を組み合わせてとる
  • ・毎回同じ食品を食べない




”卵”は抗酸化物質のかたまり

卵を食べるとコレステロールが増えるから食べないという人も結構いるかもしれません。
しかし卵でコレステロールが貯まるというのはウソです。

別のページでも触れたように、活性酸素を除去する抗酸化物質の主成分はタンパク質であることがわかっています。
卵はいわずとしれた良質なたんぱく質のかたまりのようなものです。

赤血球の酸化を防ぐ役割をするグルタチオンペルオキシターゼという酵素、
細胞内にあるカタラーゼ、活性酸素を退治するスーパーオキシドジスムターゼはすべて抗酸化物質ですが、
これらすべての抗酸化物質はタンパク質でできています。

体を酸化させないためには、良質なたんぱく質を十分に補給しなければいけません。
卵で抗酸化物質を増やし、活性酸素を除去できるんです。

なので、卵を習慣的に食べ続けることは老化を遅らせるにはとっても効果的なんです。
卵をたくさん食べるとコレステロールが増えて、成人病になるというのは誤解で、
むしろ、卵を食べ続けると活性酸素が除去できて成人病になりにくくなります。

気にせず毎日摂取することが重要です。

ちなみに、卵は生でも茹ででもどっちでも大丈夫です。

h3 小見出し(後に続く内容が推測できるような見出しを付ける)

本文 読者が飽きないように読みやすく伝える

まとめ

本文 締めくくりの内容を書く




profile

○○○○○○○○


 
 
 
 

ナビゲーション